FC2ブログ

日本刀真剣勝負

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本刀対ピストルトリビア

日本刀vsピストル (トリビア) 長

日本刀とピストル、どちらが強い武器なのかを競うために、日本刀に向かってピストルを撃ち、日本刀が折れたり曲がったりすればピストルの勝ち、弾が割れれば日本刀の勝ち、というルールで対決が行われた。 対決に用いられた日本刀は、世界的に有名な刀・刃物職人として有名な久山刀匠の刀。販売価格90万円の平均的な現代日本刀で、刃渡り66cm、厚さ6mmの日本刀。 ピストルは歴史に残る名銃M1911A1コルトガバメント45口径。圧倒的なパワーと耐久性が評価され、70年以上にわたってアメリカ軍の制式拳銃として採用されていた拳銃である。 日本刀は対決した時の衝撃が分散しないように柄の部分が固定され、ピストルはミリ単位の正確さが求められるので、ぶれないように銃器射撃装置で固定される。射撃距離は弾の速度が落ちない5メートルとし、最も強度がある日本刀の刀身の真ん中を狙う。日本刀の後ろには弾道を確かめられるように白紙を置き、通常の400倍の速度で撮影されたスローカメラで激突の瞬間映像を確認する。 結果は…日本刀の刃に命中したピストルの弾は切断され、真っ二つに割れている弾の映像が収められていた。まさに一刀両断。日本刀に刃こぼれは無いため、日本刀の完勝。時速900キロで鉛の弾を撃ち込まれる衝撃に耐え、その弾を両断して傷つきもしない日本刀。この結果に納得できないアメリカの拳銃店オーナー(対決に用いたピストルの提供者)からの要請で対決は数回繰り返されたが、何度対決しても弾は真っ二つになったそうだ。刃物の中で最高の完成度を誇る日本刀、斬鉄剣もあながち誇張ではないようだ。

日本刀vsピストル (トリビア) 短


スポンサーサイト
日本刀 vs ウォーターカッター (ウォータージェット)

「切る」という技術において有史以前から利用されてきた「鉄」に対して「水」が物体を切断するという現象は通常あり得ない。 氷点下の環境で鋭利な氷柱が落下した場合や、艦船が氷山に激突した場合など、偶発的なアクシデントによる特例を除いて「水」は流動的な性質から、固体や「法則」によって変容させられるものであったが、自然法則を利用するという人類の特性により、「水」は「科学の刃」として現代の先端技術を担う力を得たのである。微細な口径より水流を超高速で噴射させるウォータージェット(Water Jet)又はウォーターカッター(Water Cutter)とも言われる加工技術は、あらゆる物の切断を可能にした。金属や宝石などの硬い物や、樹脂や食品などの軟らかい物まで、加工部との摩擦や熱が少ないため、刃物やレーザーよりも鋭利に切断できるのだ。
 
ウォータージェット(ウォーターカッター)による切断写真 ウォータージェットによる切断写真
ウォータージェット(ウォーターカッター)による切断写真 ウォーターカッターによる切断写真

日本刀とピストルとの対決では、弾丸を一刀両断にした日本刀だが、今回はウォーターカッターとの対決だ。 マッハ3という音速を遥かに超える速度で噴射される「水の剣」ウォーターカッターの威力は包丁の薄い刃さえも二枚にスライスしてしまう。切るための道具でさえ、まるで魚のように斬られてしまうという恐ろしく精緻な切れ味なのだ。
「絶対に日本刀が勝ちます。日本刀は世界に誇る武器であると同時に鉄の芸術なんです。ですから絶対に日本刀が勝ちます。」 と日本美術刀剣保存協会員はコメントする。まるで過去の大戦時における将兵の精神論のようである。日本刀に勝算はあるのだろうか?
対決ルールは「ウォーターカッターの刃先と日本刀の刃先を平行にぶつけ、日本刀が真っ二つになればウォーターカッターの勝ち、 日本刀が切断されなければ日本刀の勝ちとする」というもの。 ウォーターカッターに対するは一般的な日本刀「包重(かねしげ)」価格90万円 刃渡り71cm 厚さ7mm。


いよいよウォーターカッターに挑む刀。スイッチが押され、動き出した「科学の刃」が「匠の技」に向かう瞬間、 ブルトーザーに壊される儚い文化を想った。嘗て幾度も侍の命を取り留めたであろう鍔(つば)は木彫り細工のように切られ、敗れたかに思われた刀…。
しかし、斬れなかった。日本刀はマッハ3の水の中より、普通に洗車を終えた車のように現れ、
なお輝きを増したかのようであった。
またしても日本刀の勝利。万歳!というかホッとしたよ。
この国で命を懸けて戦ってきた烈士たちの「恥」を守り通した刀匠と砥師さま。
有り難う御座います。
フジテレビ「トリビアの泉」さま。すばらしい。ムダ知識ではありません。YouTubeに削除依頼を出したりせずに、テレビを見る暇のない苦しい境遇の若者にも誇りの持てる番組を作ってください。
日本刀vsマシンガン


日本刀vsマシンガン2

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 日本刀 VS, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。